お電話でのご予約・お問い合わせはこちらから TEL:042-741-7222
メール相談
相模大野駅より徒歩1分

神奈川県相模原市南区
相模大野3-14-7 ソフトビル相模大野3F

相模大野駅徒歩1分の歯医者 よねざわ矯正・歯科医院

歯科用CT

初診ネット予約
HOME»  歯科用CT

当院で使用しているCT

ついに我がよねざわ歯科医院にもCTが導入されました。

  • 純国産CT専用機
  • ボクセルサイズ(撮影の細かさ)
    0.068mmの最高水準
  • 撮影エリア
    直径160mm×(68-83)mmの広い画像
  • 身体のぶれを防ぐ座位タイプ
    立位は画像がブレやすいです。
  • 歯科矯正専用のセファロ規格写真付き

CTと言えば
大病院にあるドーナッツ状の機械に入れて体を輪切りして見る装置ですね。


医療用CT装置例

歯科用CTは医療用CTに比べ、さらに細かく見ることが出来る上放射線量が低線量となっております。(素晴らしい)
どの位細かく見られるかというとスライス幅が最小0.068ミリ!これは数ある歯科用CTの中でも最も高性能です。

CTの特徴

さて1500万円!もするハイテク機械。何が変わるのでしょうか?

  • 一番違うのは広い範囲を立体的に精密に見ることが出来ることです。
  • さらに大事なことにレントゲンで見えない組織が見えると言うこと。
  • もう一つの利点としてCTデータを他のソフトで使用できると言うことです。

立体的に見えると言うことは?

歯科ではレントゲンを多用します。診断は勿論治療もレントゲンが必要です。しかしながらレントゲンで全てがわかるわけでは無いです。
レントゲンは立体を2次元に投影しているので前後関係はわかりませんし、拡大、縮小あるいは変形して映されています。
神経の近くを手術するときは間違いは許されません。

インプラント治療にはCTは絶対必要です。

CTでしかわからないこと?

レントゲンを撮ればすべて写るかと思いますが、実は見えないモノもたくさんあります。
当然歯肉や、粘膜などの軟組織はほとんど見えません。虫歯でも若年者の急性のう蝕もかなり見にくく見過ごしやすいです。(過去に他の歯科医院と大学病院で見過ごした急性の大きな虫歯を2回見つけた事があります。これはレントゲンではわからず、結局問診とダイアグノデントにて発見したケースです。)
また、神経の治療による骨の中の異状もレントゲンでは、ある程度表面まで病巣がすすまないと見ることが出来ません。

もう一つ大事なことにCTは長さが正確であることです。立体で正確なデータですので長さを正確に計ることが出来ます。例えば親知らずを抜くとき、神経までの距離が正確にわかれば安全に抜くことが出来ます。

具体的なCT画像は→下顎8番の場合

具体的なCTの使用方法

インプラント治療で大事なことは、1.十分な審査と2.治療計画、そして3.正しい清潔な手術が必要です。
その1.2.3.どれもCT(コンピュータ)無しでは行えません。

CTによる審査

CTを使用することにより正確な診断、検査が行えます。
インプラント治療を行う場合現在ではCTは絶対必要となります。

良く言われるインプラントの事故のほとんどがCTを使用することにより防ぐことが出来ます。
確実に骨の中を調べることにより事故を減らします。
シミュレーションソフト(よねざわ歯科医院ではLandmark System™を使用しています)による診療計画の作成。

虫歯により左下の歯が4本無くなってしまった患者さんです。

  • CTにより写真のような状態がわかります。
    この部分には、下歯槽神経という太い神経があります。この位置を正確に調べてインプラントを入れる必要があります。

  • 半透明にして内部を覗いて見ます。

  • よくわかりませんね?下歯槽神経を赤くマークします。

  • このように左側を走向しています。
    まだわかりにくいのでシミュレーションソフトで(ICATのLANDmarker Directを使用します。)シミュレーションします。

  • 図のようになります。
    拡大してみると

  • さらに赤い線で断面を見て確認します。

  • 下の黄色い丸印が下歯槽神経です。インプラント先端と10ミリ以上間がありますので非常に安心です。
    また、インプラントも顎の骨の真ん中に有り骨を突き抜けることもありません。

  • これで、シミュレーションも出来ました。後の問題はこの計画そのままに手術できるかが問題となります。

ガイドサージェリー

せっかくシミュレーションによりインプラント治療が可能となってもその通りインプラントが埋め込めるとは限りません。
たまたまうまく出来た!失敗した!では患者さんはたまったものではありません。

そこで大事なのがサージカルガイド、ガイドサージェリーです。

ICATではシミュレーションからランドマークガイドというサージカルガイドを作成できます。LANDmarker Directからガイド作成データーを出力して、メーカーに送ります。
すると、光造形(精密3Dプリント)により、サージカルガイドと設定が送られてきます。

  • サージカルガイドとそのセッティングデータが送られてきます。
    ガイドはどのように使うかと言うと

  • 図のように使います。
    歯にガイドを被せて、ガイドの穴にドリルを入れます。ドリルはガイドの穴にぴったりですから、他にずれることはありません。さらにストッパーにより深さも決まっていますから、深く入りすぎてしまうこともありません。

極端に言えば、ガイドにドリルを入れてしまえさえすれば、目をつむっても予定通りの位置に穴を開けることが出来ます。

これがガイドサージェリーです。誰がやっても同じように、同じ場所にインプラントを入れることが出来ます。良くインプラントの訴訟で言われる、神経を傷つけた、骨を突き抜けたなんてことはCTとガイドサージェリーでは考えられないことです。

ガイドサージェリーの実際(ICAT動画より)

また、このように様々な会社とデータ交換することにより、Drのミス?(独りよがりの判断)をチェックすることが出来ます。おかしなデータを送ると必ず、ICAT、インプラントの専門の技工士より注意、確認の知らせが来ます。これも大きな利点となります。

PageTopへ戻る